オルリガルとゼニカルの比較

オルリガルは、抗肥満薬として開発されたゼニカルのジェネリック医薬品です。
ヨーロッパをはじめとする17か国で100万人以上の肥満患者の治療に使用されています。
オルリガルの有効成分としては、ゼニカルと同じオルリスタットが配合されています。
オルリスタットは、脂肪分解酵素であるリパーゼを不活性化させる働きにより、脂肪吸収を阻害する効果があります。
胃と腸のリパーゼの活性セリン残基共有結合を結成することによって不活性化させます。
その結果、脂肪を分解することができず、体内への脂肪吸収を約30%まで阻害することができます。
吸収されなかった脂肪は便と一緒に排出されます。
使用方法は1日3回120mgずつ服用します。
またオルリガルは、肥満症の治療だけでなく、ダイエット効果も期待できるとあって需要が高まっています。
オルリガルを使ったダイエットでは、通常の食事をしながら可能となるため、ストレスなどによるリバウンドを抑えることができます。
また、服用した成分などは体外に排出されるため、副作用が少ないという特徴があります。
副作用としては、頻繁に便意が起きたり、屁が多くなったり、排便の中に油分が多くなるなどの症状があります。
また、脂溶性ビタミンである、ビタミンA、D、E、K、βカロチンの吸収も阻害されてしまうため、これらビタミン不足になりやすくなります。
こうしたビタミン不足を補うためには、オルリガルとともに脂溶性ビタミン補助剤を使用することも大切です。
オルリガルは保険適用外の医薬品になります。
しかし、ジェネリック医薬品であるため、ゼニカルよりは比較的安い価格で購入することができます。
購入方法としては、個人輸入、または輸入代行業者を利用することで購入できます。

↓こちらも参考になります。
アカルボース